-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-12 17:11 | カテゴリ:未分類
 2002年の春アメリカに来てそれから約3年半、僕はアメリカで時

を過ごした。

最初の方は、期待とは裏腹に、目の前にする現実に不安だらけで、ホームシックになることも多かったけど、アメリカを離れるころは、正直もっとこの国にいたいという想いでいっぱいでした。  

そう思えるようになった自分がすごいうれしかったし、留学を支えてくれていた家族を

はじめ、留学のきっかけをつくってくれたAJ、そして周りのすべての人々に感謝の気持ちでいっぱいだった。  

卒業式もアメリカらしい卒業式の中、沢山の友達も来てくれて騒ぎまくって、本当に心に残る卒業式だった。  

それから1ヵ月後には帰国の予定だったので、日本に帰るんだなって

思うと、やっぱ寂しかった。。。。 けど、自分で決めたことだし、3年半の留学生活を糧に、これからま

た新しい道へ頑張るぞって決心した。  日本人の友達は、母国が同じだし、また会おうと思え

ば、いつでも会えるけど、チームメイトや他の外国人の友達は、これか

ら一生会わない友達の方が多いんだろうなあって。 外国人の友達と別

れるときは寂しかった。。。。。   本当に楽しかった思い出が山ほどあ

り、今でも連絡をとっている友達もいる。
  
  長かったようで、短かった3年半の留学生活、楽しい思

い出もあったけど、嫌な思いもやつらい時もあった。   そして日本では、前も書いた

と思うけど、留学を1番心配していた祖母が亡くなった事。 

1月の中旬の出来事で、最後に会ったのはその年の前の夏。  その時は、いつもと同じ元気いっぱいの祖母だったけど、

年の暮れに急に具合が悪くなり、入退院を繰り返していた。 用事で2月に日本に帰

る予定だったから、その際にお見舞いに行って、僕も病気の時に、がんばったけん、おばあちゃんも、

がんばらないかんよ。って伝えようって思って。。。  しかし、正月に入ると急に容体が悪化し、


17日の夕方に息をひきとりました。  身内が亡くなったことが初めてで、最初は

実感が無かったけれど、2月に日本へ帰国して際、祖母と対面したとき

に改めて、亡くなったことを実感した。 ただ悲しくて悲しくてしょうがなかった。。

父親が僕にこう伝えました。 ばあちゃんがまだ意識があるときに、太輝は無事に大学を卒業して帰ってくることを伝えて、祖母は喜んでいたよと。

その事を聞いて、ちゃんと良い知らせを伝えられてよかったなって思った。  

僕にそっくりだった祖母は今でも天国で元気で過ごしてると思う^@^
  
  
  


  祖母が亡くなった前の年には、先輩でもある友達を交通事故で亡くした。 


いつもにこにこして、明るい、みんなの盛り上げ役的な存在だった先輩。 


事故は、加害者がいたため事件となりました。 事故の原因は、アメリカでも事故の大半を占める飲

酒運転。 あまりにも突然の出来事で、みんな最初は何が起きたかよくわからない状態で、

混乱していた。 葬儀はアメリカで最初に行い、亡くなった友達の人間性を示すかのように、大勢の人々が協力した。  

もちろん学校も全面的に協力してくれて、 亡くなった友達も笑顔で天国に行けたと思う。 

友達の両親は、今でも僕たちのことを息子のようにかわいがってくれてる。    


しかし、、、アメリカから僕が帰国した翌年の4月、不幸はまだ続いた。  

アメリカで約1年半、一緒に暮らしていた先輩が、突然、病気で亡くなったという知らせを耳にした。 

信じれなかった。
 
体格の良くてバスケ大好きの明るい先輩。  Bakersfieldの日本人のコミュニティの中でも兄

貴的存在で、突然の死に僕らも現実を受け止められない状態だった。 先輩の友達である同じ

リーグでPLAYしている柴山 英士君(AJ)と日本で行った葬儀に出席し、地元をはじめ、アメリカから

帰国していた沢山の友達に見送られて、天国へと飛び立った。    亡くした2人の友達は当時、
nt color="#00FFFF">26歳と28歳。 あまりにも短い人生だった。

  人間、生きていれば色んな事を経験する。 留学生活も思い起こ

せば、このように色々な事があったな。。。。 



そして、今現在、僕はいろいろ進路について悩んだけど、バスケの想いが強く、LegendでP

layしている。 この場所でPlayできるのも、家族、そして支えてくれる周りの人々の協力があるから。  留学で培ったものを誇りに思い、あらゆる面で活かせるよう、これからも毎日を大切に頑張っていこうと思う。



  これからの社会で求められるDiversity(多様性)。 性別、年齢、国籍が関係ない時代になってきているだけに、留学するという事は、人生において大きなチャンスだと思います。  大事なことは、ただ単に留学するのではなく、しっかり目標を持つ事。  一人一人考えていることは違います。 自分の目標は何か? 何を学びたいか? 何が必要か? きちんと自分の中で整理をして留学をすると必ず、かけがえのないものとなるでしょう^@^ 


114_1429.jpg


WSZ J-walk(東京アパッチ) Herbie(SMC) Atsushi(Chico)

114_1424.jpg


卒業式で^@^Deanと

115_1600.jpg


チームメイトCHRISと^@^

115_1599.jpg


フッキー(NHL)と^@^

115_1598.jpg


語学学校で^^

115_1595.jpg


仲良しTと^@^

115_1596.jpg


Tetsuyaくん、Takuちゃん(DJ Badchilling)と卒業式で^@^
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://westsreetz4201.blog77.fc2.com/tb.php/6-3eb9428d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。