-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-18 01:54 | カテゴリ:未分類
  アメリカ、バージニア州の名門・州立バージニア工科大学で16日、米史上最悪の銃乱射事件が起こった。 死者は今のところ32人。犯人は自殺。 韓国人だったようだ。 在学生、約2万6000人の学生らを恐怖におとしめた。 

  今朝、このニュースを耳にしたとき、本当に驚いた。 大学警察の対応にも不満の声があがっているようだ。 対応が遅れたため、死者を増やしたとも言われてるようだ。 個人的な意見だが、アメリカの警察は日本の警察と全く違うと思う。 いいかげんな奴が多い。 あっちのポリスは、みんな自分たちを怖がっていると思い、平気でなめてかかってくる。 嫌がらせのように、車の後ろをわざとつけてきたり。 理由も無く、車を停止させたり。  留学中、僕も怖い経験をした。
夜中の2時ごろに、友達と遊んで車で帰っている際、後ろからパトカーにフラッシュライトを当てられて止めるよう指示があった。 友達を降ろす時だったので、その子の家の駐車場に車を止めて、何でとめられたか、日本の感覚で理由を聞こうとした。 しかし、車を出ると突然、ライトを当てられ、銃を向けられた。 まじその瞬間は終わった。。。。と思った。 しかも、警官は新米っぽく、指はガタガタ震え、これはまじでやばいと思い、車の中にすぐ戻った。 話を聞くと、こんな時間にこの周辺いることが不審者扱いで、止めたみたいだ。 まじわけがわからなく、その警官も自分がしたことが恥ずかしかったのか、誤りもせず帰っていった。  日本では、普通にコミュニケーションとろうとするが、アメリカではやはり誰もが簡単に銃を持てる文化。 警察官も日本の警察官以上に、一般人に対しての恐怖感が強いと思う。 僕らも、もし車から出た際に、何かの拍子で、手を動かしたり、ポケットに手を入れてたらと思うとぞっとする。 普通に正当防衛として、撃たれていたと思う。 

  今回のバージニア大学の事件も、警察の不手際が問題視されるだろうし、いろいろな問題が出てくるだろう。 年々増加する世界での悪質な事件。 今回のような悪質な事件も時間が経つにつれ、人々の頭の中から消えていく。  昔では考えられなかったような事件が、頻繁に起こっているこの世の中はどうなっていくのだろう。。。。。 

  皆さんも海外で、警察に止められたときには、日本の感覚で行動しないようにしましょう!!


 




   昨日バージニア工科大についての興味深い記事を見つけた。 犯人の高校生時の同級生の証言だ。 犯人は、一風変わった生徒で、授業中もクラスメイトに笑いものにされていたみたいだ。 Once, in English class at Westfield High School in Chantilly, Va., when the teacher had the students read aloud, Cho looked down when it was his turn, said Chris Davids, a Virginia Tech senior and high school classmate. After the teacher threatened him with an F for participation, Cho began reading in a strange, deep voice that sounded "like he had something in his mouth," Davids said.

"The whole class started laughing and pointing and saying, `Go back to China,'" Davids said
(Yahoo News 参照)
 最後の部分に、クラスメイトに[中国に帰れ]と言われたと書かれている。 ニュースでも言われていたように、周りの人々とのコミュニケーションがほとんどなかったんだなって思う。 また自分がアジア人という事で、自己嫌悪に陥ってたのかも!?  アメリカは地域によっては、アジア人がほとんどいないところもある。 僕がいたところもそうだった。 そういう地域では、とりあえずアジア人はみんな中国人と思っていて、僕もバスケをしていたとき、周りは、あの中国人があーだこーだ言っていた。 まあ僕らも、イギリス人とアメリカ人の区別がつかないのと一緒かな?   また9.11テロがまだ皆の記憶に新しい時期に、外見がアラブ系だというだけで、殴られるやつもいたって聞いたことがある。 実際にアラブ系の人々が、アメリカの国旗、星条旗を車に立てていたのを実際に見たことがある。 今回のバージニア工科大の事件も、恐ろしい殺人事件、また犯人が外国人であるがゆえに、国際問題、人種問題に発展していくだろう。 
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://westsreetz4201.blog77.fc2.com/tb.php/7-1916714a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。